美術検定3級 過去問/Q.78-82(ロマン主義)

下図の中央の女性はある理念を表していますが、それは何でしょうか?
① 自由
② 希望
③ 平和
④ 勝利
出典:美術検定実行委員会・編『美術検定3級問題集-知る、わかる、みえる』 (株)美術出版社 2021  p.48
ドラクロワ 民衆を導く自由の女神

1830年 油彩・キャンヴァス
260×325㎜ ルーブル美術館(パリ)

答え ① 自由

作品のタイトルは《民衆を導く自由の女神》ですね。

描いたのは、フランスロマン主義を代表する、
ウジェーヌ・ドラクロワ(1798-1863)

ドラクロワ
1858年 ナダール撮影

1830年7月、フランスでは、ブルボン朝最後の王・シャルル10世が、その政策に不満をつのらせた市民によって退位させられるという「七月革命」が起こります。この出来事を題材として描かれた作品です。

正式なタイトルは《民衆を導く自由》で、「女神」ではありません。中央の女性はフランスを象徴する女性像「マリアンヌ」で、 自由の象徴です。

因みにフランスから寄贈されたニューヨークの《自由の女神像》も、英語では《Statue of Liberty(自由の像)》と呼ばれ、さらに正式には《Liberty Enlightening the World(世界を照らす自由)》と言います。

ロマン主義は、新古典主義と対立した芸術運動です。
それまでの神話や歴史を主題とする様式の殻を破って、個性や感情を重視しました。

当時の事件文学異国趣味など、いろいろなテーマを感情的に表現しています。

その他の代表作

ドラクロワ キオス島の虐殺

《キオス島の虐殺》 
1824年 油彩・キャンヴァス
419×354㎝ ルーブル美術館(パリ)

ドラクロワ アルジェの女たち

《アルジェの女たち》 
1834年 油彩・キャンヴァス
180×229㎝ ルーブル美術館(パリ)

ドラクロワの事件を題材とした作品は、表現が生々しく過激であるとして、しばしばスキャンダルにも発展しています。

《民衆を導く自由の女神》は、4級Q.39にも出てきました。

3級 過去問/Q.79

ドイツ・ロマン主義の画家フリードリヒの激しい北の海の情景を描いた作品のタイトルは?
①《北極海の難破船》
②《メデュース号の筏》
③《キオス島の虐殺》
④《吹雪、港口を離れた汽船》
出典:美術検定実行委員会・編『美術検定3級問題集-知る、わかる、みえる』 (株)美術出版社 2021  p.50
フリードリヒ 北極海の難破船

1823-24年 油彩・キャンヴァス
97×127㎝ ハンブルク美術館(ドイツ)

答え ①《北極海の難破船》

ドイツロマン主義を代表するのが、

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ(1774-1840)
フリードリヒ 自画像

1808年頃 油彩・キャンヴァス
53×41.5㎝ ハンブルク美術館(ドイツ)

《北極海の難破船》は、フリードリヒが50歳の頃の作品です。

凍った海と、それに押しつぶされた船。
当時「風景の悲劇」を発見したと評されています。

フリードリが13歳の時、スケート遊びの最中に氷が割れておぼれます。
助けようとした弟が身代わりに溺死……
ずっと自分を責め続けていたようです。

そう聞くと 作品の見え方が違ってきますね。

フリードリヒは、自然の中に無限の感情と、宗教的な意味合いを含ませた、静寂を感じる風景画を描いています。

その他の代表作

フリードリヒ 雲海の上の旅人

《雲海の上の旅人》 
1818年 油彩・キャンヴァス
95×75㎝ ハンブルク美術館(ドイツ) 

フリードリヒ 人生の諸階段

《人生の諸階段》 
1835年 油彩・キャンヴァス
72.5×94㎝ ライプツィヒ美術館(ドイツ)

《人生の諸階段》については、こちらを!👇

3級 過去問/Q.80

この風景画の作者は?
① クロード・ロラン
② ターナー
③ フリードリヒ
④ カナレット
出典:美術検定実行委員会・編『美術検定3級問題集-知る、わかる、みえる』 (株)美術出版社 2021  p.50
ターナー カルタゴを建設するディド

《カルタゴを建設するディド》
1815年
 油彩・キャンヴァス
155.5×230㎝ ナショナル・ギャラリー(ロンドン)

答え ② ターナー

イギリスロマン主義を代表するのは、

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)
ターナー 自画像

《自画像》
1799年 油彩・キャンヴァス
74×58㎝ テート・ブリテン(ロンドン)

グランドツアーによって輸入された作品の中で、イギリスの画家たちに大きな影響を与えたのが、クロード・ロラン風景画でした。

覚えていますか?
バロック期に活躍したクロード・ロランです!(3級Q.67

クロード・ロラン シバ女王の乗船

クロード・ロラン 《シバ女王の乗船

構図的にも、影響の受け具合がわかりますね!

ターナーは、このロランのような神話や歴史の舞台としての風景画と、イギリス各地を旅しながら、特定の場所の景観としての風景画を描いています。

また、光と色の関係も研究し、自然のさまざまな表情と、その力強さを表現しています。

その他の代表作

ターナー レマン湖とモンブラン

《レマン湖とモンブラン》 
1802-05年 水彩
90.5×128㎝ イエール・ブリティッシュ・アート・センター(ニューヘブン)

ターナー 近代ローマ、カンポ・ヴァチーノ

《近代ローマ、カンポ・ヴァチーノ》 
1839年 油彩・キャンヴァス
92×122㎝ J・ポール・ゲティ美術館(ロサンゼルス) 

ターナー 戦艦テレメール

《戦艦テレメール》 
1838年 油彩・キャンヴァス
91×122㎝ ナショナル・ギャラリー(ロンドン)

ターナー 吹雪の中の蒸気船

《吹雪の中の蒸気船》 
1842年 油彩・キャンヴァス
91×122㎝ テート・ブリテン(ロンドン)

《吹雪の中の蒸気船》については、こちらでもう少し詳しく取り上げています。👇

スポンサーリンク

3級 過去問/Q.81

下図の風景画はだれの作品ですか?
① ターナー
② ライスダール
③ コンスタブル
④ ゲインズバラ
出典:美術検定実行委員会・編『美術検定3級問題集-知る、わかる、みえる』 (株)美術出版社 2021  p.50
コンスタブル 乾草車

《乾草車》
1821年 油彩・キャンヴァス
130×185㎝ ナショナルギャラリー(ロンドン)

答え ③ コンスタブル

ターナーと並ぶ、イギリスの巨匠

ジョン・コンスタブル(1776-1837)
ジョン・コンスタブル 自画像

《自画像》
1806年 鉛筆・紙
56×101㎝ テートギャラリー(ロンドン)

18世紀末から19世紀初めに、自然そのものを主役にした風景画が登場しますが、コンスタブルはその先駆者です。

イギリス内外を旅行したターナーと違い、故郷のイースト・バーゴルトやソールズベリーなど、ごく限られた地域の風景を描き続けました。

光を反射した水面の白い輝き
背景の美しい緑や小屋
人の営み…

ふるさとの風景の象徴として親しまれているこの作品も、描いた当時イギリスでは、すぐには認められませんでした。

しかし3年後、パリのサロンに出品した際、ドラクロワなどロマン主義の画家たちに絶賛されています!

その他の代表作

コンスタブル ウィベンホーパーク

《ウィベンホーパーク》 
1816年 油彩・キャンヴァス
ナショナル・ギャラリー(ワシントン)

コンスタブル 司教の庭から見たソールズベリー大聖堂

《司教の庭から見たソールズベリー大聖堂》 
1823年 油彩・キャンヴァス
87×112㎝ ビクトリア・アンド・アルバート博物館(ロンドン)

コンスタブル 麦畑

《麦畑》 
1826年 油彩・キャンヴァス
87×112㎝ ナショナル・ギャラリー(ロンドン)

ほっと癒されますね。

それまで歴史画や神話画よりも格下とされていた風景画を、一気に格上げしたコンスタブル。後の印象派の画家たちにも、大きな影響を与えました。

3級 過去問/Q.82

自作の詩に挿絵入り彩色版画の技法を開発し、幻想的な作品を数多く作ったイギリス・ロマン派の画家は?
① フュースリ
② ターナー
③ ブレイク
④ コンスタブル
出典:美術検定実行委員会・編『美術検定3級問題集-知る、わかる、みえる』 (株)美術出版社 2021  p.50
ウィリアム・ブレイク 歓喜の日

《歓喜の日》
1794-96年 油彩・キャンヴァス
大英博物館(ロンドン)

答え ③ ブレイク
ウィリアム・ブレイク(1757-1827)
ウィリアム・ブレイク

トマス・フィリップスによる肖像画
1807年

詩人であり画家。

王立美術アカデミーに入学しますが、その形式的な勉強に反発を感じるようになります。
独自の世界を追求し、超越的な想像力で、神秘的な作品を数多く制作しました。

自作の詩に挿絵を付ける彩色版画の技法も開発します。1色刷りが乾いた後に、裏から着色して、多色刷りのように仕上げる技法です。

文学絵画とを一体化させ、独特の世界を構築しました。

ウィリアム・ブレイク 日の老いたる者

《日の老いたる者》 
1794年 油彩・キャンヴァス
36×26㎝
大英博物館(ロンドン)

この作品については👇こちらで簡単に!

ブレイクの自由な表現は、後のアール・ヌーヴォーにも影響を与えています。

もう一人!

ヨハン・ハインリッヒ・フュースリ(1741-1825)
フュースリ

ジェームズ・ノースコートによる肖像画
1778年

生れはスイスですが、イギリスで活躍します。

フュースリ 悪夢

《夢魔》 
1781年 油彩・キャンヴァス
102×127㎝ デトロイト美術館

人間に悪夢を見せて、生気を吸い取る悪魔を具像化。
失神したように眠る女性のお腹の上に… 悪魔が…
部屋をのぞく馬の不気味な表情……

この女性については、ヒュースリが一目惚れして結婚を望むも、女性の父親の反対で、叶わなかった恋の相手という説があるとか。

フュースリ タイタニアの目覚め

《タイタニアの目覚め》 
1793-94年 油彩・キャンヴァス
169×135㎝ チューリッヒ美術館(スイス)

変わり者といわれたフュースリー。先ほどのブレイクの友人でした。

《タイタニアの目覚め》については👇こちらも簡単に

【参考図書】
知る、わかる、みえる 美術検定3級問題[基本編 basic] 美術検定実行委員会編  株式会社美術出版社  2021
改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定1・2・3級公式テキスト 美術検定実行委員会編  株式会社美術出版社  2019
この絵、誰の絵? 100の名作で西洋・日本美術入門  佐藤晃子著  株式会社美術出版社  2019
サンスから十九世紀末まで 西洋の芸術史 造形篇II 水野千依編 株式会社幻冬舎 2013

error:このコンテンツのコピーは禁止されています。