《人生の諸階段》/フリードリヒ

フリードリヒ 人生の諸階段

1835年 油彩・キャンヴァス
72.5x94㎝ ライプツィヒ美術館(ドイツ)

描いたのは

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
Caspar David Friedrich

1774年9月5日~1840年5月7日 

フリードリヒ

1836年(62歳頃)

ドイツロマン派の風景画家。

深い宗教的精神的意味を、作品に吹き込んだ作家です。

夕暮れの海
5隻の船に、5人の人物……

friedrich-the-stages-of-life-detail

後ろ姿をついているのがフリードリヒ本人です。

そしてその象徴となるのが、中央の大きな船

長い航海を終えて、今まさに帆をたたみ
岸につこうとしている船です。

手前の2隻は、浜辺でじゃれ合う2人の幼い子供
まだ漕ぎ出していません。

そして沖の2隻が、甥と娘
今まさに航海中!
山高帽のこちらを向いている紳士が甥ですね。

この絵は《人生の諸階段》というタイトルのとおり、

人の人生の始まり(誕生)から
死(無限)までの生涯を表しています。

フリードリヒは、デッサンや習作なしに、
直接下絵を描いて仕上げていく制作方法でした。
筆跡の残らない繊細な色彩の濃淡が特徴です。

神聖な美しさですね✨



【参考図書】
366日の西洋美術 (366日の教養シリーズ)  瀧澤秀保監修  株式会社三才ブックス  2019
芸術教養シリーズ6 盛期ルネサンスから十九世紀末まで 西洋の芸術史 造形篇II  水野千依編  株式会社幻冬舎  2013
知識ゼロからの名画入門  永井龍之介監修  株式会社幻冬舎  2016
日閲覧