《アテネの学堂》/ラファエロ・サンティ

ラファエロ アテネの学堂

1510-1511年 フレスコ
500×700㎝ ヴァチカン宮殿・署名
の間

ラファエロの最も有名な絵画の一つですね。

ローマ教程ユリウス2世からの依頼で制作された壁画です。
総勢50人を超える古代の学者たちの姿が描かれています!

ラファエロ アテネの学堂 

中心の2人

指を天に向けているのがプラトン(顔はレオナルド・ダ・ヴィンチがモデル)

その隣がアリストテレス(著書ニコマコス倫理学を持っている)

ラファエロ アテナイの学堂  ヘラクレイトス

前方中央で、頬杖をついているのがヘラクレイトス(顔はミケランジェロがモデル)

左手前、ノートに何やら書いているのは、ピタゴラス

ラファエロ アテナイの学堂 エビクレス 

柱の青い服の哲学者は、ギリシャのエピクレス。(幸福とは精神の喜びを追求することと説いた)

ラファエロ アテナイの学堂 アレクサンドロス大王

鎧をまとったマケドニアのアレクサンドロス大王

ラファエロ アテナイの学堂 ソクラテス

向かいあって指を広げているのが、哲学者ソクラテス

ラファエロ アテナイの学堂 ヒュバティア

古代エジプトの女性数学者のヒュパティア

ラファエロ アテナイの学堂 ユークリッド

右下、コンパスで描いているのは、数学者ユークリッド(幾何学の父)

ラファエロ アテナイの学堂 トレミー

後ろ向きで地球儀を持っているのは、天文学者トレミー(宇宙の中心に地球があると説いた)

天球技を持つのが、ペルシャの預言者ゾロアスター

ラファエロ アテナイの学堂

当時27歳だったラファエロ本人も、控えめに顔をのぞかせてます♪

ニッチにも ミネルヴァ(学問の化身)と、太陽神アポロ(理性と調和の神)……などなど、他にもたくさんです。

この作品に偉大なる先人たちを登場させることで、最大の賛辞を贈っています。

 

どんな会話が飛び交っているのでしょうね~✨

ラファエロ 自画像

ラファエロ・サンツィオ
Raffaello Sanzio
1483年4月6日-1520年4月6日
イタリア

ダ・ヴィンチやミケランジェロの表現を吸収して、ルネサンスを代表する巨匠へ。

ラファエロ アテナイの学堂

ヴァチカン宮殿・署名の間 

【参考図書】
瀧澤秀保監修『366日の西洋美術』株式会社三才ブックス 2019年
佐藤晃子著『この絵、誰の絵?』株式会社美術出版社 2019年
【参考URL】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%81%AE%E5%AD%A6%E5%A0%82 2022年2月27日閲覧