原始の美術

ラスコー洞窟

原始の美術

美術の始まりは、狩りの成功子宝に恵まれることなど、祈りを純粋に形にしたもの。
暮らしの中から生まれた力強い表現です。
遥か彼方の遠い時代から、人類は高度な知恵と文化を育んでいました。

年代 紀元前40000~紀元前3500年頃

地域 西欧全域

キーワード 洞窟壁画 

ショーヴェ洞窟

私たちが見ることのできる最も古い美術作品

描かれているのは サイや野牛など、様々な野生の動物たち。
食用のために狩りの対象となった種類が、多く描かれています。

ショーヴェ洞窟

紀元前31000年前後
旧石器時代)
フランス南部

鉱物系の顔料で描かれています。

ラスコー洞窟の壁画

ラスコー洞窟

紀元前2万~1万5000年頃

フランス南西部(1940年に発見)

彩色の刻線画

ラスコー洞窟
© Traumrune / Wikimedia Commons
ラスコー洞窟


動物たちとともに、
たくさんの手形も発見されています。

アルタミラ洞窟の壁画

アルタミラ洞窟

紀元前1万5000~紀元前1万年頃

スペイン北部カンタブリア州(1879年に発見)

彩色の刻線画

筆には  動物の毛や  木の枝  指などを使い
獣脂や血  樹液などを混ぜた顔料を絵の具としています 

他にもたくさんの洞窟があったのでしょうね…

アルタミラ ラスコー ショーヴェ 

ヴィレンドルフのヴィーナス

ヴィレンドルフのヴィーナス
User:MatthiasKabel, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Venus_von_Willendorf_01.jpg

紀元前27300年頃

オーストリアで発見

高さ  約11㎝

石灰岩製

大きな乳房とおしり
女性の豊かな姿は、子供をたくさん授かることを願ったと考えられています。
日本の縄文時代の土偶と同じですね。

ウィーン自然史博物館蔵

ストーンヘンジ

ストーンヘンジ

紀元前2500年頃

こちらはイギリス南部

巨石文化の遺跡で 
宗教的な意味合いがあると考えられています

ストーンヘンジ 地図