ゴシックの美術

ゴシック 美術
Oldmanisold, CC BY-SA 4.0 , via Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Sainte_Chapelle_Interior_Stained_Glass.jpg

ゴシック美術は、12世紀中頃から建築の技術革新とともに形成され始めます。

ロマネスクの美術が田舎の修道院から発展していったのに対し、ゴシック美術の舞台となったのは、パリを中心とする都市部。大聖堂や市庁舎を中心に発展しました。

文化の担い手には、裕福な町人知識人信徒が加わり、キリスト教の布教とともに各地に広まっていきます。フランス北部、イギリス、ドイツなど、ヨーロッパ北方を中心に、異なる特徴を見せながら発展しました。

建築技術の向上によって、厚みという制限がなくなった壁は、開口部窓を大きくすることが可能となり、ステンドグラスが発達します。聖堂内に、戸外の光をできるだけ採り入れて明るく豪華にし、神の栄光を称えようとしました。
高さを追求したのもゴシック建築の特徴です。

「ゴシック」とはゲルマン民族のゴート族にちなむ名称。

年代 12世紀中頃~14世紀
地域 フランスヨーロッパ北部を中心
キーワード ステンドグラス・尖塔アーチ・高い天井・人像円柱・自立した彫刻・自然で人間的な表現

サン・ドニ修道院聖堂(フランス)

歴代フランス国王の墓廟であったこのサン・ドニ修道院は、修道院長シュジェールの指導のもと改築されます。

サン・ドニ修道院
Chabe01, CC BY-SA 4.0
https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0>, https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Basilique_St_Denis_fa%C3%A7ade_ouest_St_Denis_Seine_St_Denis_20.jpg

1137~1144年 初期ゴシック

サン・ドニ修道院
Pierre Poschadel, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Saint-Denis_(93),_basilique_Saint-Denis,_d%C3%A9ambulatoire_1.jpg
サン・ドニ修道院
Photo: Myrabella , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Basilique_Saint-Denis_chapelle_de_la_Vierge.jpg

シャトル大聖堂(フランス)

フランスで最も美しいゴシック建築のひとつ。
1979年に世界遺産に登録されています。
先の尖った尖塔アーチは、天上のイメージを生み出しています。

シャトル大聖堂

1155年頃の完成

シャトル大聖堂
Olvr, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Notre_Dame_de_Chartres.jpg
シャトル大聖堂 平面図
PD
シャトル大聖堂 南のバラ窓
南のバラ窓
Photo by PtrQs, CC BY-SA 3.0 , via Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Chartres_RosetteSued_122_DSC08269.jpg
シャトル大聖堂 北のバラ窓
北のバラ窓
  Photo by PtrQs, CC BY-SA 4.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Chartres_RosetteNord_121_DSC08241.jpg

色ガラスの小片を組み合わせ、絵や模様を作り出すステンドグラス。
盛期ゴシックのステンドグラスは、大きな窓を細かく分割して、聖母聖書の内容を色ガラスで構成しています。聖堂内を彩る光と色は、とても神秘的。キリスト教の教えをヴィジュアル化して人々を信仰へ導きました。

シャトル大聖堂
Photo:Nina Aldin Thune User:Nina-no, CC BY-SA 3.0 , via Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Chartres.jpg
シャトル大聖堂

側壁の円柱を背にして建つ「人像円柱」が出現します。現実的な量感とかすかな微笑みが特徴です。

ランス・ノートルダム大聖堂(フランス)

13世紀に入ると、建築の構造にしばられない自立した彫刻像がつくられます。古代末期から途絶えていた丸彫り彫刻がよみがえります。

ノートルダム大聖堂 ランス
bodoklecksel, CC BY-SA 3.0 ,
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Reims_Kathedrale.jpg
ランス ノートルダム大聖堂
Mbzt, CC BY-SA 4.0 ,
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:F3407_Reims_cathedrale_nef_centrale_rwk.jpg
ランス ノートルダム大聖堂
左『受胎告知』右『エリザベツ訪問』
DIMSFIKAS at Greek Wikipedia, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Reims_Cathedral_-_Central_doorway.JPG

アミアン大聖堂(フランス)

13世紀中頃になると、ゴシック建築の構造や表現が、さらに洗練されていきます。
石の重量感が排除され、優雅な装飾性が重視される「レーヨナン式」と呼ばれる時代に入ります。

アミアン大聖堂
© Raimond Spekking, https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Cath%C3%A9drale_Notre-Dame_d%27Amiens-3420.jpg
アミアン大聖堂 平面図

1220~88年 

アミアン大聖堂
BB 22385 / Cathédrale, AmiensTP /  https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Cath%C3%A9drale,_AmiensTP.JPG
アミアン大聖堂
Amanda Slater, from Coventry (England), CC BY-SA 2.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Amiens_cath%C3%A9drale_(d%C3%A9tail_portail_Ouest)_1.jpg
アミアン大聖堂
Jacques76250, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Amiens_Cath%C3%A9drale_Notre-dame_arc-boutant_sud-est.jpg
アミアン大聖堂

リンカーン大聖堂(イギリス)

複雑なリブの構造は、強度のためではなく、装飾を目的とした造形です。

リンカーン大聖堂
DrMoschi, CC BY-SA 4.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Lincoln_Cathedral_viewed_from_Lincoln_Castle.jpg

1192~1380年

リンカーン大聖堂
Diliff, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Lincoln_Cathedral_Nave_1,_Lincolnshire,_UK_-_Diliff.jpg
リンカーン大聖堂
Diliff, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Lincoln_Cathedral_Presbytery,_Lincolnshire,_UK_-_Diliff.jpg

ケルン大聖堂(ドイツ)

現存の大聖堂は3代目。(初代は4世紀、2代目は818年完成)
1248年火災で焼失後、再建がスタートします。途中長い中断を経て、すべてが完成したのは1880年。600年もかかっています。
構造から細部に至るまでレーヨナン式を採用。

ケルン大聖堂
Velvet, CC BY-SA 4.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Cologne_cathedrale_vue_sud.jpg
ケルン大聖堂
User:Mkill, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Koelner_dom_blick_nach_osten.jpg
ケルン大聖堂 ステンドグラス
Mkill, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Koelner_dom_nordseite_des_chors.jpg

国際ゴシック

ヨーロッパ各地の宮廷に生まれた華やかな様式です。
14世紀中頃から、宮廷や教会が他国の芸術家に制作を依頼するようになり、芸術家の移動と交流の機会が増えます。他の地域の芸術が 相互に影響し合う中から、国を超えて共通に生まれた様式です。
宮廷趣味の優美さと装飾性、すぐれた細部描写が特徴です。

ベリー公のいとも豪華なる時祷書

この時祷書は、中世フランス王国の王・ベリー公ジャン1世の要請を受けて、ネーデルラント(現在のオランダ、ベルギー)のランブール兄弟が作成した装飾写本。
「時祷書」(じとうしょ)とは、キリスト教徒が用いる祈祷文、賛歌、暦などからなる聖務や、季節ごとの人々の暮らしなどが記されたもの。
中でもこの時祷書は、羊皮紙206葉からなる豪華な装飾写本として、国際ゴシックの傑作。「世界で最も美しい本」といわれています。

ベリー公のいとも華麗なる時祷書 1月
1月
ベリー公のいとも華麗なる時禱書 4月 
4月
ベリー公のいとも華麗なる時祷書 7月
7月
ベリー公のいとも華麗なる時祷書 10月
10月
聖アウグスティヌスの洗礼
聖アウグスティヌスの洗礼
黄道十二宮と解剖図
黄道十二宮と解剖図