エジプトの美術

Hunefer, Public domain, via Wikimedia Commons

エジプトの美術

エジプト文明は、ナイル川流域で栄えた文明。
その美術の特色は、生きている人間のためではなく、王の魂が永遠に生き続けるためのものでした。3000年にわたり独特の文化を築いています。
メソポタミア文明と同時期に栄えました。

年代 原始~初期王朝時代 ~紀元前3100年頃
   古王国時代 紀元前2700年頃~紀元前2200年頃
   中王国時代 紀元前2123年~紀元前1595年
   新王国時代 紀元前1567年~紀元前1085年
   末期王国時代 紀元前664年~紀元前332年 

地域 ナイル川流域

キーワード 来世思想・ピラミッド・緻密な自然描写・平面的表

ヘシラの肖像

James Edward Quibell († 5. Juni 1935), Public domain, via Wikimedia Commons
Djehouty, CC BY-SA 4.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%C3%84gyptisches_Museum_Kairo_2019-11-09_Hesire_06.jpg

紀元前2680年頃

永遠に王に仕えるために、壁画に描かれた人物は、その姿を完全にわかりやすく描かれました。

頭部をはっきり見せるために横顔
正面向き
両肩正面から
から

平たくねじれて見えても、エジプト人はわかりやすさを重視しました。

カフラー王坐像

Jon Bodsworth, Copyrighted free use, via Wikimedia Commons

紀元前2550年頃

ギーザ出土

古王国時代第4王朝のファラオ
(フク王の息子)

ギザの三大ピラミッドの1つ、第2ピラミッドを建造しました。

エジプト考古学博物館蔵

三大ピラミッド

Ricardo Liberato, CC BY-SA 2.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:All_Gizah_Pyramids.jpg

紀元前2545年~紀元前2450年頃

手前から
メンカウラー王のピラミッド
 高さ 65.5m(現在62m)・ 底辺 105m(一辺)
カフラー王のピラミッド
 高さ 143.87m(現在は136m)・ 底辺 215.29m(一辺)
フク王のピラミッド
 高さ 146.6m(現在は138.8m)・ 底辺 230m(一辺)

真ん中カフラー王のピラミッドは、高台につくられているため一番大きく見えます。

太陽神ラーの子といわれたエジプト王は、死んだ後も神々のもとで永遠に生き続けると信じられていました。

よって再び魂が戻るときのために、遺体をミイラとし、永遠に保つための墓として、ピラミッドをつくったといわれています。

しかし近年では異なる説も出ています。

Wikiwikiyarou origined by MesserWoland, CC BY 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Giza_pyramid_complex_japanese_(map).svg
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Great_Sphinx_of_Giza_May_2015.JPG?uselang=fr

カフラー王の第2ピラミッドとともに作られた大スフィンクス

人間の頭部とライオンの身体を持ち、ファラオ(王)の偉大さを示すシンボルです。

全長73.5m 高さ20m 幅19m
一枚岩から彫り出された世界最大の像です。

中王国時代

ハトシェプスト女王葬祭殿

Ijanderson977, Public domain, via Wikimedia Commons
『オシリス神列像』 Neithsabes, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Deir_el_Bahari_080410.jpg

古代エジプト唯一の女性のファラオである、ハトシェプスト(紀元前1479-紀元前1458年頃)が造営した葬祭殿。

ルクソール

公的な場では男装していたそう。
戦争を好まず、平和外交でエジプトを繁栄させました。

新王国時代

ツタンカーメン王の黄金のマスク

Roland Unger, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:CairoEgMuseumTaaMaskMostlyPhotographed.jpg
マスク背面 Tarekheikal, CC BY-SA 4.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:King_Tut_Mask_front_and_back_(cropped).jpg

紀元前1355年頃

テーベ出土

ツタンカーメンは第18王朝(紀元前14世紀)の王。
推定18~19歳。

王家の谷にある墓には、1922年にこの黄金のマスクと共に、多くの副葬品がほぼ完全な形で発見されました。

病死と言われていますが…

王妃ネフェルティティ胸像

Philip Pikart, CC BY-SA 3.0 , https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Nofretete_Neues_Museum.jpg

紀元前1351年~紀元前1344年頃

アマルナ出土

彩色石灰岩彫刻

彫刻家トトメスによる制作


ツタンカーメンの義母ですね。

「ネフェルティティ」は、「美しい人の訪れ」という意味です。

死者の書

British Museum, Public domain, via Wikimedia Commons

紀元前1300年頃
エジプト博物館蔵

死者の魂が肉体を離れて死後の楽園へ向かうという、来世思想を描いた書。

頭部・手足に、胴体正面から表し、重要人物大きく描かれています。
この形態での人物表現は、古代エジプトに一貫しています。