美術検定対策 4級 西洋美術 Q.7・8(ロマネスク美術)

Q.7
ピサの斜塔で有名なピサはどこの国の都市でしょう?
① ギリシア
② スペイン
③ スイス
④ イタリア
出典:美術検定実行委員会・編『美術検定4級問題集-アートを楽しむ』 (株)美術出版社 2019  p.56
ピサの斜塔
https://en.wikipedia.org/wiki/File:The_Leaning_Tower_of_Pisa_SB.jpeg
答え ④ イタリア


ピサはイタリア、トスカーナ地方の都市ですね。

ピサの斜塔は、イタリアロマネスク建築の代表作です。

ロマネスクとは「ローマ風」の意味。
ゴシックの前の建築様式です。

1173年に始まった工事の途中から傾き始めて、2度の中断。1372年に最上階の鐘楼のみ垂直にして完成しました。

この斜塔を含む「ピサのドゥオモ広場」は、1987年に世界遺産に登録されています♪


Q.8
これはフランス、ヴェズレーにあるサント=マドレーヌ大聖堂入口の浮彫彫刻です。中央に大きく表れている人物はだれですか?
① モーゼ

② 洗礼者聖ヨハネ
③ ゼウス
④ キリスト
出典:美術検定実行委員会・編『美術検定4級問題集-アートを楽しむ』 (株)美術出版社 2019  p.56

サント=マドレーヌ大聖堂 ヴェズレー タンパン

西側正面タンパン浮彫彫刻  1120-30

答え ④ キリスト


《使徒たちに布教の使命を授けるキリスト》

キリストが使徒たちに、世界各地に福音の教えを伝えるよう告げている場面です。

キリストの手先から霊気が発せられ、それを浴びた使徒たちは、各地の様々な言語を話す力が与えられたそう!

サント=マドレーヌ大聖堂の完成は1138年。

セント=マドレーヌ大聖堂 浮彫 
セント=マドレーヌ大聖堂
サント=マドレーヌ大聖堂 使徒たちに布教の使命を授けるキリスト
サント=マドレーヌ大聖堂
Dietrich Krieger, CC BY-SA 3.0 , via Wikimedia Commons
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ab/Vezelay-7776-Bearbeitet.jpg

こちらも1797年 「ヴェズレーの教会と丘」 として、世界遺産に登録されています♪

【参考図書】
知る、わかる、みえる 美術検定4級問題[入門編 introduction]  美術検定実行委員会編  株式会社美術出版社
改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定1・2・3級公式テキスト 美術検定実行委員会編  株式会社美術出版社  2019
続 西洋・日本美術史の基本  美術検定実行委員会編 株式会社美術出版社  2018
増補新装 カラー版 西洋美術史  高階秀爾監修 株式会社美術出版社  2021