美術検定対策 4級 西洋美術 Q.55・56(フォーヴィスム・形而上絵画)

Q.55
この絵の作者は
① デュフィ
② ブラック
③ ルオー
④ マティス
出典:美術検定実行委員会・編『美術検定4級問題集-アートを楽しむ』 (株)美術出版社 2019  p.80

1905年頃 油彩・キャンバス 
40.532.5㎝ コペンハーゲン国立美術館

答え ④ マティス

アンリ・マティス(1869-1954)は、20世紀初頭から活躍したフランスの画家。

アンリ・マティス

1913年撮影(44歳の頃)

問題の作品のタイトルは《緑のすじのあるマティス夫人像》

フォーヴィスムを代表する作品の1つです。

「フォーヴ」とは「野獣」のこと!

1905年のサロン・ドートンヌ展に、マティスら若い作家たちが、大胆で鮮烈な色彩表現で、荒々しいタッチの作品を出品します。

そのインパクトある表現に、批評家からは非難が殺到。「まるで野獣(フォーヴ)」と揶揄されたことがフォーヴィスムのはじまりです。

ブラックルオーフォーヴィスムの画家です。それぞれが独自の表現を探し、マティス色彩の純度を高めて、秩序バランスを追求しました。

Q.56
この作品名は?

① 《街の神秘と憂鬱》
② 《子供の脳》
③ 《秋の午後、あるいはイタリア広場》
④ 《王の不機嫌》
出典:美術検定実行委員会・編『美術検定4級問題集-アートを楽しむ』 (株)美術出版社 2019  p.80
答え ① 《街の神秘と憂鬱》

デ・キリコ(1888-1978)の作品ですね。
2つ前の問題でチラリとみましたね。

ギリシア生まれ、イタリア人画家です。

ムンク

1894年撮影

光と影のくっきりのコントラスト…
輪を転がす少女…
怪しい影…
扉の開いた車…
奇妙な遠近法…

20代前半には、この不思議な画風を確立しており、「形而上絵画」創設者といわれています!

「形而上」とは、形のないものとか 形を超えたもの。
人の心や神秘的な存在のことですね✨

現実を超えた内面のリアリティを描き、後のシュルレアリスムに大きな影響を与えました。

【参考図書】
知る、わかる、みえる 美術検定4級問題[入門編 introduction]  美術検定実行委員会編  株式会社美術出版社
改訂版 西洋・日本美術史の基本 美術検定1・2・3級公式テキスト 美術検定実行委員会編  株式会社美術出版社  2019
続 西洋・日本美術史の基本  美術検定実行委員会編 株式会社美術出版社  2018
増補新装 カラー版 西洋美術史  高階秀爾監修 株式会社美術出版社  2021
この絵、誰の絵? 100の名作で西洋・日本美術入門  佐藤晃子著 株式会社美術出版社  2019