バロック美術(フランドル)

バロック フランドル ルーベンス レウキッポスの娘たちの略奪
ルーベンス《レウキッポスの娘たちの略奪》 1618年 アルテ・ピナコテーク(ミュンヘン)

15世紀以降、伝統ある美術を守ってきたネーデルラント地方でしたが、17世紀初頭に南北に分断され、それぞれ違う美術が発展しました。

南側がフランドル(現在のベルギーあたり)で、スペイン帝国の支配の下、国際貿易港アントウェルペンを中心に繁栄します。(北部はオランダ共和国として独立)

カトリックが勢力を回復すると、再興を進める教会のため、画家たちにたくさんの仕事が注文されました。この時代、最も活躍したのが、ピーテル・パウル・ルーベンスです。

17世紀のフランドルでは、ルーベンスのように祭壇画や物語を描いた画家の他、風景動物などを専門とする画家が登場しました。


特徴 
君主の肖像・神話化した君主像・キリスト教的主題

ルーベンス 《キリスト昇架》《キリスト降架》

このアントウェルペン大聖堂の2大祭壇画は、造形表現や強烈な明暗法、螺旋を描く対角線構図など、イタリア絵画の影響がしっかりと見られます。
ルーベンスのスケールの大きさと迫力ある祭壇画によって、人々はカトリックの信仰へと導かれました。
「フランダースの犬」でネロ少年が見た最後の絵としても有名ですね。

《キリスト昇架》

ルーベンス キリスト昇架

1609-1610年頃 
油彩・板
462x341㎝
聖母大聖堂(アントウェルペン/ベルギー)

《キリスト降架》

ルーベンス キリスト降架

1611-1614年頃 
油彩・板 421x311㎝
聖母大聖堂(アントウェルペン/ベルギー)

ルーベンス キリスト降架 詳細
ルーベンス キリスト降架
Jean Housen, CC BY-SA 4.0 , via Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:20210626_antwerpen219.jpg

ピーテル・パウル・ルーベンス
Peter Paul Rubens
1577年6月28日~1640年5月30日

フランドル
アントウェルペン出身

23歳から8年間、イタリアに留学。古代ルネサンス美術とともに、カラヴァッジョ様式も学んで帰国します。宮廷画家として大工房を構え、多くの弟子たちとヨーロッパ各地からあらゆる注文に応じる分業体制を確立。生涯におよそ2000点もの作品を手掛けています。
外交官としても活躍。

その他の代表作

ルーベンス マリー・ド・メディシスの生涯 マルセイユ上陸

《マリー・ド・メディシスの生涯(マルセイユ上陸)》

1622-25年
油彩・カンヴァス
364x295㎝
ルーブル美術館蔵(パリ)

ルーベンス 三美神

《三美神》

1636-38年
油彩・カンヴァス
221x181㎝
プラド美術館(マドリード)

「三美神」 とは、美の女神アフロディテに使える3人の女神で、
タレイア(花の盛り)
プシュネ(喜び)
アグライア(輝く女)のこと。

パリスの審判 ルーベンス

《パリスの審判》

1632-35年頃
油彩
144.8x193.7㎝
ナショナル・ギャラリー(ロンドン)

豊満な肉体滑らかな肌の質感は、ルーベンスの裸婦像の特徴です。

ヤーコブ・ヨルダーンス《サテュロスと農民》

ヨルダーンスもルーベンスの助手でした。
神話画や宗教画、風俗画を得意としました。

ヨルダーンス サテュロスと農民

1620-1621年
油彩・カンヴァス
322x340㎝
サン・ルイジ・デイ・フランチェ―ジ教会(ローマ)

ヨルダーンス

ヤーコブ・ヨルダーンス
Jacob Jordaens
1593年5月19日-1678年10月18日

フランドル

ルーベンスの弟子
滑稽で庶民的、活力ある作品を描いています。

その他の代表作

ヨルダーンス 豆の王様の祝宴

《豆の王様の祝宴》

1640年頃
242x300㎝
ウィーン美術史美術館

ヴァン・ダイク《チャールズ1世の肖像》

狩りに出たチャールズ1世が、ひと休みしているところ。『狩猟場の王』とも呼ばれる作品です。
ヴァン・ダイクは、モデルの地位や心理を巧みに演出。形式ばった堅苦しい肖像画ではなく、品格威厳を添えながら人間味あふれる作品を残しました。
チャールズ1世だけで40点もの肖像画を描いています。

ヴァン・ダイク チャールズ1世の肖像
ヴァン・ダイク
《チャールズ1世の肖像》1635頃

1635年頃
油彩・カンヴァス
266x295㎝
ルーブル美術館蔵(パリ)

ヴァン・ダイク

アンソニー・ヴァン・ダイク
Anthony van Dyck
1599年3月22日-1641年12月9日

フランドル

ルーベンスの工房で弟子として働いたのち、イタリア留学を経て、イギリス王チャールズ1世の宮廷画家へ。屋外での肖像画の伝統を確立しました。
上流階級の華麗な肖像画を数多く手掛けています。

その他の代表作

ヴァン・ダイク 馬上のチャールズ1世とサン・アントワープの領主の肖像

《馬上のチャールズ1世とサン・アントワープの領主の肖像》

1633年
油彩・カンヴァス
368x269㎝

バッキンガム宮殿(ロンドン)

ヤン・ブリューゲル《青い花瓶の中の花束》

これは静物画のひとつ花卉画(かきが)。観賞用の花の絵です。
開花時期の違う花が混在しており、それぞれの花の特徴がよくわかるように構成して描かれています。

ヤン・ブリューゲル 小さな壺の花束

1599-1607年
美術史美術館(ウィーン)

ヤン・ブリューゲルと家族の肖像
ルーベンス画

ヤン・ブリューゲル(父)

Jan Brueghel the Elderi
1568年-1625年1月13日

ブラバント公国(現 ベルギー)

「花のブリューゲル」や、絵の色調から「ビロードのブリューゲル」と呼ばれ、植物図鑑のような花卉画静物を得意としました。

は北方ルネサンスで活躍した、画家のピーテル・ブリューゲル。兄弟のピーテルに、息子のヤンとアンブロシウスも画家。

【参考図書】
横山勝彦+半田滋男監修『西洋・日本美術の基本』美術出版社 2019年改
「美術検定」実行委員会編『続 西洋・日本美術史の基本』美術出版社 2016
宮下規久朗著『1時間でわかる西洋美術史』宝島社 2018年
瀧澤秀保監修『366日の西洋美術』株式会社三才ブックス 2019年
水野千依り編『盛期ルネサンスから十九世紀末まで』株式会社幻冬舎 2013年
永井龍之介監修『知識ゼロからの名画入門』株式会社幻冬舎 2016年
永井龍之介監修『世界でいちばん素敵な西洋美術の教室』 株式会社三才ブックス 2018年