バロック美術(スペイン)

ムリーリョ 無原罪の御宿り 1660
ムリーリョ
《無原罪の御宿り》1660年 プラド美術館

16世紀、いち早く海外へと進出し、各地に植民地を獲得したスペイン。「太陽の沈まぬ帝国」として、ヨーロッパの政治経済の中枢として栄え、カトリックを基盤に絶対王政を確立しました。

17世紀になると、力をつけたオランダやフランスなどによって、政治的には弱体化するものの、美術では黄金時代を迎えます。植民地だったナポリから、直接カラヴァッジョ主義が持ち込まれ、その影響もうけながら、バレンシアやセビーリャ、マドリードと歴史や文化の異なる諸都市で展開していきます。
ベラスケスをはじめ、絵画や彫刻、文学などで多くの芸術家を輩出しました。

特徴 キリスト教的主題・自然主義的明暗法・静物画・風景画

スルバラン 《静物》

鋭い写実力によって、すぐれた静物画を描いています。

スルバラン 静物
スルバラン
《静物)1650

1650年 
油彩・キャンヴァス
46x84㎝

プラド美術館(マドリード)

フランシスコ・デ・スルバラン

フランシスコ・デ・スルバラン
Francisco de Zurbarán

1598年11月7日~1664年8月27日
スペイン

自然主義的明暗法から出発。深い宗教性や、静謐さ、瞑想性のある作風。

ベラスケス《ラス・メニーナス》

後世の画家に「すべての絵画の最高位に位置するもの」と絶賛されたベラスケスの代表作。
スペイン王フェリペ4世の息女マルガリータ(当時5歳)を中心に、女官や次女たちが描かれ、一番左には、絵筆を持ったベラスケス自身も描かれています。
「ラス・メニーナス」とは、「宮廷の侍女たち」という意味のスペイン語。

ベラスケス ラス・メニーナス

1656年
油彩・キャンヴァス
318x267㎝
プラド美術館(マドリード)

ディエゴ・ベラスケス

ディエゴ・ベラスケス
Diego Velázquez

1599年6月6日-1660年8月6日
スペイン

スペインバロックを代表する巨匠。
マドリードで40年も宮廷画家として君臨。

その他の代表作

ブレダの開城 ベラスケス

《ブレダの開城》

1934-1935年頃
油彩・キャンヴァス
307x367㎝
プラド美術館(マドリード)

ムリーリョ《無原罪の御宿り》

「無原罪の御宿り」とは、キリストだけでなく聖母マリアも、神の意志によって原罪(アダムとイブから受け継がれた罪)に染まることなく、母の胎内に宿ったとする教えに基づく主題。
聖母崇拝の盛んなスペインでは、多くの画家たちがこの主題で描いています。

1678年頃
油彩・キャンヴァス
274x190㎝

プラド美術館(マドリード)

バルトロメー・エステバン・ムリーリョ

バルトロメー・エステバン・ムリーリョ
Bartolomé Esteban Murillo

1617年12月31日-1682年4月3日
スペイン

美しく感傷的な宗教画を描く一方、スペイン庶民のリアルな生活も描いています。
親しみやすく優しい描写。

その他の代表作

ムリーリョ 蚤をとる少年 乞食の少年

《蚤をとる少年(乞食の少年)》

1645~1650年頃
油彩・カンヴァス
134x100㎝

ルーブル美術館蔵(パリ)

ロイスダール《ワイク・バイ・ドゥールステーデの風車》

オランダでは、身近な風景を写し取ったような写実的風景画(忠実な再現ではない)が、盛んに描かれました。
風車と船は、貿易によって栄えるオランダの富の象徴として描かれています。

ライスダール ウェイク・ベイ・デュールステーデの風車

1670年頃
油彩・キャンヴァス
83x101㎝
アムステルダム国立美術館(オランダ)

ライスダール

ヤーコプ・ファン・ライスダール

Jan Brueghel the Elderi
1628年頃-1682年3月14日

ハールレム(オランダ)

 

【参考図書】
横山勝彦+半田滋男監修『西洋・日本美術の基本』美術出版社 2019年改
「美術検定」実行委員会編『続 西洋・日本美術史の基本』美術出版社 2016
宮下規久朗著『1時間でわかる西洋美術史』宝島社 2018年
瀧澤秀保監修『366日の西洋美術』株式会社三才ブックス 2019年
水野千依り編『盛期ルネサンスから十九世紀末まで』株式会社幻冬舎 2013年