バロック美術(イタリア)

バチッチャ イエスの御名の勝利 イル・ジェズ聖堂
バチッチャ《イエスの御名の勝利》イル・ジェズ聖堂(ローマ)
Giovanni Battista Gaulli, CC BY-SA 4.0 , via Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:G.B.Gaulli-Triumph_of_the_Name_of_Jesus.jpg

17~18世紀前半のヨーロッパの美術は「バロック様式」と総称されます。

「バロック」という言葉は、本来ポルトガル語で「ゆがんだ真珠」という意味を表し、後世の批評家たちの戸惑いを示す言葉でした。しかし今日では、誇張や劇的な効果を追求した17世紀の美術全体の傾向を指すものとして使われています。

明暗法による強いコントラストの劇的な表現によって、現世における神性や、人間の内面をドラマチックに表現。その革新性は、大きな衝撃を与え、イタリアからヨーロッパ中に広まっていきます。


特徴 
コントラストの強い明暗描写・激しい動き・光の効果の追求・天井画の発達。

カラッチ《バッカスとアリアドネの勝利》

カラバッジョと人気を二分したカラッチの、バロック美術の規範のひとつとなる代表作。調和のとれた美しい天井画です。

酒神のバッカスが、クレタ島のミノス王の娘アリアドネを伴って凱旋した祝祭の様子。

3次元の立体空間のように思わせるイリュージョニズムの趣向は、その後バロック美術の成熟とともに、ダイナミックに発展していきます。

カラッチ バッカスとアリアドネの勝利
カラッチ
《バッカスとアリアドネの勝利》1604

1597-1602年頃 
フレスコ
ファルネーゼ宮殿 天井画(ローマ)

ファルネーゼ宮殿
カラッチ バッカスとアリアドネの勝利
カラッチ

アンニーバレ・カラッチ
Annibale Carracci
1560年11月3日~1609年7月15日

イタリア

兄や従妹とともにアカデミア(画塾)を設立。天井画から風俗画や古典的風景画など、幅広い作品を残しています。

カラヴァッジョ《聖マタイの召し出し》

バロックの始まりを告げるといわれる作品。
主題は『マタイによる福音書』 9章9節で、イエスが収税所で働いていたレビ(マタイ)に声をかけて、それに答えてレビがイエスの弟子となる場面。聖書の内容を日常の庶民の姿で描いています。

キリストの右手と呼応するように差し込む光。光と闇の強烈な衝撃は、当時の人々を魅了しました。

カラヴァッジョ 聖マタイの召し出し

1599-1600年
油彩・カンヴァス
322x340㎝
サン・ルイジ・デイ・フランチェ―ジ教会(ローマ)

カラヴァッジョ 聖マタイの召命

髭の男がマタイと言われていましたが、近年では、自分を指さしているのではなく、左端のうつむいてお金を数えている男を指さしており、彼がマタイではないかという説が、浮上しているようです。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ
Michelangelo Merisi da Caravaggio
1571年9月29日-1610年7月18日

イタリア

ボッロミーニ《サン・カルロ・アッレ・クァットロ・フォンターネ聖堂》

ボッロミーニが設計したこの聖堂は、狭い敷地という難問に挑んだもの。楕円形プランを用いて、円の象徴性を失うことなく、ミサや典礼に適した機能性を兼ね備えた聖堂をつくりました。

ファザードはボッロミーニの死後に完成したもの。しなやかに湾曲した、リズミカルな曲線が特徴です。

ボッロミーニ サン・カルロ・アッレ・クアトロ・フォンターネ聖堂
Paolo Monti, CC BY-SA 4.0 , via Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Paolo_Monti_-_Servizio_fotografico_-_BEIC_6346853.jpg

1637-52/67年頃

ボッロミーニ サン・カルロ・アッレ・クアトロ・フォンターネ聖堂
ボッロミーニ
サン・カルロ・アッレ・クァットロ・フォンターネ聖堂 1937-52
ボッロミーニ サン・カルロ・アッレ・クァットロ・フォンターネ聖堂 インテリア
フランチェスコ・ボッロミーニ

フランチェスコ・ボッロミーニ
Francesco Borromini
1599年9月25日-1667年8月3日

ベルニーニの弟子

ベルニーニ《聖テレサ法悦》

彫刻家ベルニーニは、ミケランジェロと並ぶ天才彫刻家。
これは16世紀スペインに実在した聖女テレサの前に、天使が現れ、矢で心臓を貫くという幻視体験の造形です。愛の矢によって、魂が神と一体となる喜びに満たされる、奇跡の場面。
建築家としても優れたベルニーニは、この礼拝堂の内装のデザインのすべてを手掛けています。

ベルニーニ 聖テレサ法悦

1647-52年
大理石
サンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア聖堂 コルナーロ礼拝堂(ローマ)

ベルニーニ 聖テレサ法悦
Benjamín Núñez González, CC BY-SA 4.0 , attraverso Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%C3%89xtasis_de_Santa_Teresa,_Gian_Lorenzo_Bernini,_Roma,_Italia,_2019_06.jpg
ベルニーニ 聖女テレサの法悦 コルナーロ家

祭壇を挟む左右の側壁には、制作依頼者のコロナール家の人々を配し、舞台の観客のように聖女の神秘体験に立ち会わせています。

ベルニーニ

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ

Gian Lorenzo Bernini
1598年12月7日-1680年11月28日

イタリア 彫刻家・建築家

イタリア・バロックの中心的芸術家
「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」と称賛された作家。

その他の代表作

《サン・ピエトロ広場》 
サン・ピエトロ大聖堂の正面にある楕円形の広場を設計。4列のドーリア式円柱による列柱廊と 140体の聖人像。
1656-67年

サンピエトロ大聖堂
Diliff, CC BY-SA 3.0 , via Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:St_Peter%27s_Square,_Vatican_City_-_April_2007.jpg
サンピエトロ広場 ベルニーニ
MarkusMark, CC BY-SA 3.0 , via Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:079ColonnatoSPietro.jpg

【参考図書】
横山勝彦+半田滋男監修『西洋・日本美術の基本』美術出版社 2019年改
「美術検定」実行委員会編『続 西洋・日本美術史の基本』美術出版社 2016
宮下規久朗著『1時間でわかる西洋美術史』宝島社 2018年
瀧澤秀保監修『366日の西洋美術』株式会社三才ブックス 2019年
水野千依り編『盛期ルネサンスから十九世紀末まで』株式会社幻冬舎 2013年
永井龍之介監修『知識ゼロからの名画入門』株式会社幻冬舎 2016年