《アルノルフィーニ夫婦の肖像》/ヤン・ファン・エイク

ヤン・ファン・エイク アルノルフィーニ夫妻

油彩・キャンヴァス
82.2x60㎝ 1434年
ナショナル・ギャラリー(ロンドン)

フランドルの巨匠ヤン・ファン・エイクによる、商人ジョヴァンニ・アルノルフィーニの結婚を描いたもの。

しかし右手ではなく、左手で相手の手をとるのは、身分差のある結婚。「左手婚」といわれ、正式な妻ではなく愛人に近い関係だったよう……

ヤン・ファン・エイク アルノルフィーニ夫妻の肖像 サイン

奥の壁中心に「ヤン・ファン・エイクここにありき」

ヤン・ファン・エイク アルノルフィーニ夫妻の肖像 鏡

凸面鏡の中には夫妻の他、2人が映り込んでいます。

青い服結婚の立会人で、赤いターバンをしているのがヤンだと言われています。

まわりの小さな円に描かれているのは、キリストの受難。

作品サイズから逆算すると、この中央の円のサイズ5~6㎝ !?
だとするとまわりの小さな円は!?

なんて驚異的……
細やかな輝きの表現もすごすぎます。

ヤン・ファン・エイ アルノルフィーニ夫妻の肖像 フルーツ
ヤン・ファン・エイ アルノルフィーニ夫妻の肖像 犬
犬は「忠誠」を示す
ヤン・ファン・エイ アルノルフィーニ夫妻の肖像 シャンデリア
ヤン・ファン・エイ アルノルフィーニ夫妻の肖像 手
手相までしっかり
ヤン・ファン・エイク アルノルフィーニ夫妻の肖像 サンダル
サンダルは「儀式」を示す

薄く溶いた絵具を何層も塗り重ねて、透明感のある鮮やかな色彩を創り出しています。グレージングと呼ばれる油彩技法の1つです。

陶器に釉薬をかけることをグレースといい、革の表面を平たくして艶を出すという仕上げ方法もグレージングといいます。

この油彩技法を確立させたのがファン・エイク兄弟です。

ヤン・ファン・エイク
ヤン・ファン・エイク 1390頃-1441


ヤン・ファン・エイク

Jan Van Eyck
フランドル 北方ルネサンス

1390年頃-1441年6月

油彩画技法を完成させ、より矛盾のない空間表現を実現。驚異的な細密画を描き「神の手」と称えられます。

【参考図書】
瀧澤秀保監修『366日の西洋美術』株式会社三才ブックス 2019年
水野千依り編『盛期ルネサンスから十九世紀末まで』株式会社幻冬舎 2013年
永井龍之介監修『知識ゼロからの名画入門』株式会社幻冬舎 2016年